第二次サーモン海戦(5-5)について
20160326_211821

 度々のアプデで仕様変更もあり、実装当時よりも比較的安定して攻略することができるようになった海域です。
 
幾つか編成例を紹介、試した感想を残しておきます。 
昨年分:【艦これ】5-5攻略編成例(毎月更新2015年版)【通常海域、EO攻略】
(昨年記事のコピー修正でいろいろ読みにくいので文章修正中) 

報酬
勲章*1、戦果200
20160203_160933

備考

 勲章がどうしても欲しいという場合や、戦果200が欲しい、純粋に力試しをしたいという以外で5-5を攻略するメリットはありません。戦果については5-4周回数を1日3,4周増やすことで一ヶ月で戦果200分を稼ぐことができるためトップランカー狙いでもなければ5-5を攻略せずとも500位には入れます。

 しかし、5-5を経験することで艦娘、装備、支援艦隊、支援用装備、と言った部分で何が自分の艦隊に不足しているか分かるため、1度は攻略を目指してみましょう。

編成の画像でダメコンを積んであるものもありますが、バグやミスでの轟沈を防ぐために念のため積んでいるもので、使わずに帰ります。

編成

 大きく分けて3つの編成があります。
  • 軽空母1、正規空母2(通称:低速戦艦編成、軽空編成)
  • 高速統一(高速編成、空母編成)
  • 潜水3以上(潜水編成)

【軽空母1、正規空母2、戦艦3

 弾着観測実装以降、熟練度システム実装まで比較的推奨されていた編成です。この編成のメリットは低速戦艦を組み込みつつ制空優勢以上を取る事ができる点です。
 熟練度システム実装で高速統一編成も安定するようになったため、現在は下火傾向にあるかもしれませんが、熟練度、ネームド艦載機、五航戦改二甲の実装で以前と比べて攻略しやすくなっていると考えられます。
  • 軽空母は艦攻、艦爆を積んでいてかつ対潜攻撃の対象となる敵がいる場合対潜攻撃をしてしまうためボスでは潜水艦に攻撃を吸われてしまいます。単縦陣では敵のelite,flagship潜水艦に対してまず有効なダメージを与えられないので、戦闘機や彩雲のみを積んで軽空母は攻撃させず置物にして、制空を取らせる形にしたほうが2巡目が回ってきた時の無駄な行動を防げます。(S勝利狙いならば対潜特化にしてあえて対潜攻撃をさせるのもありかもしれないですが)
  • 軽空母は置物になり攻撃可能艦が他の編成と比べると少ないことや、夜戦で動ける艦も少ないことから戦艦枠にはできれば装甲、火力が高い大和型、長門型等の低速戦艦のいずれかを組み込みたいところです。低速戦艦を入れないのであれば、軽空母を入れなくていい高速統一にした方が無難です。
  • 当たり前ですが、空母枠には中破でも攻撃可能な装甲空母を選んだほうが撃破の可能性は高くなります。

装備例(2016/03/26追記)

 編成例です。道中での制空確保を目的に、制空は出撃時に420以上を目安にしています(この装備例で431前後です)。優勢以上でよければ400程度まで落とすこともできますが、1戦目で確定確保できる420以上あったほうがよいでしょう。 
 彩雲を積むかどうかは好みですが、私の場合は道中T字不利のメリットが大きいのでこの編成の場合は積んでいません。
 軽空母の装備について前述してますが、他の空母の攻撃機を艦戦にすることで攻撃機を積むこともできますが、軽空母は装甲が薄く、中破大破しやすいため艦戦のみを積んで攻撃順をとばしています。他の艦でかばうことができるため撤退リスクを下げることもできます。

攻略編成_003

軽空母1、正規空母2戦艦3の所感

  • 装甲の薄い軽空母を旗艦にして守りつつ、戦闘機のみを積んで攻撃順を飛ばすことで2巡目の火力不足を解消する手法はある意味機能美さえ感じられる。
  • 五航戦改二甲で装甲空母が増えたため、以前よりも楽になったかもしれない。
  • 熟練度実装前は制空と攻撃のバランスがギリギリだったので、空母は制空を取るのがお仕事であまり役に立てていなかった。
 熟練度実装後はまだ試していないので今後試す予定。瑞鳳を連れて行きたいので、潜水3戦艦2空母1の検証が済んだら試す予定です。 試しました。ストレートクリア出来たためまだまだ通用します。 

【高速統一、空母編成】

 弾着観測、特に熟練度システムの実装により比較的安定して攻略することが可能になった編成です。高速戦艦4空母2空母4高速戦艦2または空母5高速戦艦1 等、高速統一であれば自由に組むことが出来ます。
 制空権を捨て高速戦艦6等でゴリ押すこともできますが、制空をとれず連撃を受けるため被害は大きくなりがちです。
20150912_003345

 支援無しでも攻略することが出来ますが、正規空母は中破で攻撃不可になる点と、夜戦攻撃可能な艦が少ない点、羅針盤に左右される点で出撃回数は安定しない印象です。

装備例

 高速戦艦1、正規空母5の場合の編成例です。道中での制空確保を目的に、制空は出撃時に520程度を目安にしています(この装備例で527前後です)。優勢以上でよければ400程度まで落とすこともできますが、1戦目で確定確保できる420以上あったほうがよいでしょう。
 彩雲を積むかどうかは好みですが、私の場合は道中T字不利のメリットが大きいので空母編成の場合は積んでいません。

 ボスマスでは旗艦とレ級の2隻が夜戦まで残りやすいことを考えると戦艦は2隻いたほうが旗艦を撃破できる可能性は高いですが、その分航空戦力が低下するので試行錯誤が必要です。
攻略編成_007
(どうして夜偵を積んでないんだ…。積んだほうがいいです)

空母編成の所感

  • 支援なしで安定して3戦目までは到達でき、またボスも昼で落とすか夜戦で落としきれる程度には楽になっていた。
  • 開幕爆撃で敵の大半が落ちたときは最高に気持ちいいですが、正規空母だと中破で動けなくなるので敵が仕事してくると攻撃可能艦が少なくなってやや不安。
  • 3戦目の開幕雷撃+E風があり、そこがネック。支援を出してエリレの雷撃前に中破に追い込めればなんとかなるが羅針盤との戦いは終わらない。
  • 1周辺りの消費は支援が要らないので潜水の半分程だがボーキが500~700ほど持っていかれる。
  • 艦娘、装備共に潜水編成に必要なだけ整っていなければこの編成を推奨します

【潜水艦3、戦艦3】

 この潜水艦編成のメリットはなんといってもルート完全固定です。レ級は対潜攻撃をするため砲撃を潜水艦が吸ってくれます(陣形によっては痛いですが)。
 また、夜戦で全ての艦が攻撃可能なため、昼で旗艦を撃ち漏らしても旗艦を撃破できる可能性は軽空編成や高速統一より高いです。

 大和型の場合、大型バルジを積むことで昼戦キャップに近い装甲になるためレ級の雷撃も耐えられる可能性は高いです。もっともレ級eliteの雷装は装備込みで138あり、バルジ2積みの大和型改の装甲136(武蔵改は137)でようやく同航戦で通常ダメージの最高乱数を引かなければ耐えられる程度です(クリティカルを引いた場合は最低乱数付近でないと普通に中破大破します)。
 受けるより避けることを狙って缶を積んだり、火力命中の底上げを狙ってFuMOレーダーや徹甲弾を積むのでもいいと思います。
 艦載機は積まないため基本的にボーキの消費ゼロです。
20151013_021024
 他の編成と比べるとメリットが多いですが必要な艦、装備共に数を集めるのが大きな壁として立ちはだかります。また、支援の有無で到達率に大きな差がでるため道中支援は必須、ボス支援はどちらでもいいですができれば出したほうが良いでしょう。

装備例

 制空は捨てるため戦艦は主砲2バルジ2で夜戦連撃装備です。大型探照灯があれば装備して潜水艦のカットイン率を上げましょう。
攻略編成_008

潜水艦3、戦艦2、正規空母1

道中制空優勢、ボス拮抗、ルート完全固定
な編成です(検証中)。
 潜水艦3戦艦3と比べると、
  • 道中では弾着観測射撃ができるようになるのでレ級を中破まで持っていきやすくなる
  • 同様に弾着観測で軽巡駆逐の撃ち漏らしが減り、潜水艦が大破することが減る
などでボス到達率が上がります。
ボーキの消費は1周で150前後です。
攻略編成_001

 1戦目の敵編成は数パターンありますが、制空値は210以上あれば全てのパターンで優勢がとれます。
 正規空母であれば1スロ目艦攻艦戦3で制空に余裕がありますが、できれば中破でも攻撃できる装甲空母を使用するのが望ましいです。
画像の装備、熟練MAXで、
  • 翔鶴改二甲211となり、道中優勢、ボス拮抗が確定します。
  • 瑞鶴改二甲は208でギリギリ足りないので積み方を変える必要があります。
  • 大鳳改では、230なので余裕があり、烈風601以上が1機以上あれば道中優勢、ボス拮抗が確定します。
 熟練度は1スロット目に積むと他のスロットよりクリティカル時のボーナスが高いため、火力、装甲、耐久と総合的に見て翔鶴改二甲が最適であると判断しました。上位戦闘機を持っていない場合であれば大鳳改を使うか別の空母にする、または積み方を変えることを推奨します。

 戦艦は弾着観測射撃ができる装備であれは自由に装備して構わないと思います。例えば、大型探照灯で潜水艦のカットイン率をあげたり、徹甲弾で火力を上昇させるなど。
 私の場合は大型バルジでレ級エリートの開幕雷撃を少しでも耐えられるようにしています。1スロでは焼け石に水かも知れませんが…
(弾着観測発動率には索敵値が影響する?ということで紫雲を積んではいますが、観測機でもいいと思います。
ただしこの編成の場合、ボスでは制空拮抗なため、夜偵は飛ばないことには注意してください。)

烈風改がない場合の積み方について

 現状烈風改は入手手段が無いため、任務と開発等で手に入るものだけで積む場合このようになります。
  • Fw190T改と烈風は、対空+10で同じなので交換可能です
  • 天山一二型(村田隊)は対空+1が付いている艦載機であれば交換可能です

備考

  • 現状ボスは空母1隻で制空権を取ることができないため、ボスで優勢以上取る場合は2隻以上組み込む必要があります。
  • しかし、優勢以上をとっても弾着観測射撃を行える艦が高々1隻のみであること、必然的に夜戦攻撃可能な艦が少なくなること、などからボスで優勢を取るメリットは潜水編成の場合、ボーキ節約以外では薄いかと思います(敵機撃墜、夜偵が飛ばせる等で全くメリットがないわけではない。)。
  • また、空母は戦艦と比べると装甲が薄いため開幕雷撃で大破して撤退する可能性が高くなります。しかし、1隻ならば旗艦に置いて戦艦の装甲でかばうことで軽減できます。
  • 旗艦に空母を置くことについて、夜戦で敵の先制を許すことになりますが、夜戦計算式の都合でヲ級改の攻撃はそれほど痛くないため問題ありません。

潜水編成の所感

  • 支援用の装備、高レベル潜水艦、大和型、Bismarck、大型バルジなどの前準備が整ってないと安定した攻略は難しいが羅針盤固定のメリットが大きい。
  • 潜水艦がデコイにもなり、ボスに到達できない場合の主な原因が潜水艦の大破のため、消費は軽く、相対的に見るとこっちのほうがバケツ消費も少ない。1周の費用は支援を出す関係で空母編成の2倍程度。ボーキの使用はほぼ無し。

  • この編成ではキラ付けは大切です。時間は1ヶ月ありますから、演習や任務での出撃を活用して、キラキラ状態を維持しながらまったりとやるのもいいと思います。幸い、戦艦は演習で、潜水艦はオリョール周回などで少し意識すれば簡単にキラ付けを兼ねることができます。 
  • 準備ができていて羅針盤に負けたくない場合、ボーキ使いたくない場合はこちらを。
 個人的に羅針盤は固定できる編成が好みなので、この編成をベースにいろいろと探っていきたいと思います。

支援艦隊

支援艦隊編成例
戦艦2空母2駆逐艦2
攻略編成_000

 基本的に道中支援では命中を重視するために電探は2スロ積んだ上での火力キャップ到達を考慮して火力を調整します。
  • 戦艦は出撃艦隊とは異なり、支援艦隊ではフィット砲を考慮しない積み方で構いません。戦艦には火力が26上がる46cm砲(試製51cm砲)、今回のような命中重視であればそこそこの火力と命中上昇の付いた試製41cm砲等を積みましょう。基本的に大和型以外の戦艦は同航戦キャップの火力146(表示火力)を目指し、あとは電探を積むのでいいと思います。大和型を支援で出せれば反航戦キャップである火力184(表示火力)と電探2を実現できます(そこまでする必要は無いですが)。
  • 空母はエコという観点で考えると軽空母でも反抗線キャップに届きますが、命中重視で安定させるために電探を2つ積みたいことを考えると、正規空母を使用したいところです。特に二航戦改二は2スロで反航戦キャップに近い火力(180前後)を実現でき、正規空母の中では比較的消費が軽いため、支援艦隊に向いています。
  • 駆逐艦は火力の高い夕立改二、綾波改二が適任です。
 検証の結果、"支援にフィットおよび過積載は存在しないと思われます"とされています。
(熟練度、改修も支援艦隊においては火力上昇は確認できていないため、命中に関しても同様だと考えられます。支援艦隊システム実装以降に追加されたシステムは支援には適用されない可能性が高いです。)

 支援艦隊をしっかりと準備すれば、航空戦、雷撃と合わせると、画像のように砲撃戦開始時に旗艦以外が撃沈していることも稀ではありません。3~4隻撃沈位は期待できます。
20160202_235836

いまさらですが、道中支援は全艦キラ付け決戦支援は最低でも旗艦のキラ付けは徹底しましょう。 

今月の5-5

以下毎月の出撃回数とメモです。

参考:2015年

詳細を表示

・1月

記録なし 

・2月

11出撃5到達5撃破
潜水ルート

・3月

6出撃5到達5撃破
潜水ルート

・4月

11出撃5到達5撃破
潜水ルート 

・5月

14出撃5到達5撃破
潜水ルート 

・6月

10出撃5到達5撃破
潜水ルート  

・7月

10出撃6到達5撃破
潜水ルート

・8月

10出撃5到達5撃破
潜水ルート

・9月

9出撃5到達5撃破
熟練度システム実装後初5-5で空母ルートを試した結果いい感じでした。
しかし夏イベで3桁まで消費したボーキを節約するために途中から潜水編成に変更しました。
空4戦2 支援なし 5出撃2撃破
潜3戦3 + 支援 4出撃3撃破

・10月

12出撃5到達5撃破
潜水3空母3での制空権とりつつ固定編成を試したので出撃回数は多めになりました。
支援を出せばありかもしれないです。しかし支援を出すなら他の編成の方がよさそうです。
支援なしでルート固定して安定することを期待していましたがエリレ(3戦目)が思ったよりも厄介でボスまで到達出来なかったため途中で戦艦3に変更しました。
戦艦3(大和型ビスマルク)が用意できない場合は、支援ありで固定ルートを使うならありかもしれないです。
潜3空3 支援なし  5出撃0到達
潜3戦3 + 支援  7出撃5撃破 

・11月

12出撃5到達5撃破
イベント前なのでボーキを節約のため潜水ルート。
演習でのキラ付けをサボったからか、やや出撃回数が多くなりました。 

・12月

15出撃8到達5撃破
7出撃3到達2撃破…戦1空5
ボーキが想像以上に消費したため潜水編成に変更。

3出撃2到達1撃破…潜水3戦艦3道中支援のみ
遠征に出ていたので道中支援のみで出撃した結果、旗艦が残ったため編成考えてみることにしました。
潜水3戦艦2翔鶴改二甲で艦攻1艦戦3でギリギリ道中優勢、ボス拮抗が取れるので試してみます。 

5出撃3到達2撃破 潜水3戦艦2翔鶴改二甲道中支援のみ
道中で戦艦は弾着観測射撃ができるようになり道中の安定感は増すので到達率は良さそうです。
ボーキ消費は130程度で、これでボス支援分の消費とキラ付けがいらなくなるならば安いですが、戦艦3と比べると夜戦火力が減るため、ボス支援なしだとやはり安定は難しいかもしれません。
ちょっと気に入ったので来月もこれベースで試す予定です。

・1月

6出撃6到達5撃破
・潜水3戦艦2空母1 道中支援のみ
詳細を表示
 昨年12月同様の編成で再び検証しました。今月はかなり運がよかったのか4回連続撃破、最終編成で旗艦残り1回、その次で撃破でした。うまくいき過ぎた感じがしますが、潜水3戦艦2空母1は狙った通りボス到達率は高くなりました。到達率は今まででの最高記録です。
 また、ボス支援は出していませんでしたが、編成が強化される最終編成まではストレートで撃破出来ていたことを考えると、削りは決戦支援なしで良さそうです。引き続き試していきます。
 空母2の場合どうなるのかも試したいですが、そろそろ軽空母ルートも試したいので来月はどうするか検討中です。2016/01/05

・2月

15出撃11到達5撃破
・潜水3戦艦2空母1 道中支援のみ 14出撃10到達5撃破
・潜水3戦艦3 道中支援のみ 1出撃1到達
詳細を表示
  • 1出撃目:ボス到達旗艦残り(武蔵大破、久しぶりにヲ級改が仕事をしてきました、同航戦)
  • 2出撃目:ボス到達旗艦撃破(反航戦)
  • 3出撃目:2戦目撤退(潜水艦大破、2戦連続で支援が来ませんでした…)
  • 4出撃目:ボス到達旗艦撃破(反航戦)
  • 5出撃目:ボス到達旗艦撃破(反航戦)
  • 6出撃目:1戦目撤退(潜水艦大破)
  • 7出撃目:ボス到達旗艦撃破(反航戦)
  • 8出撃目:ボス到達旗艦残り(大和大破、T字有利)
  • 9出撃目:3戦目撤退(大和大破)
  • 10出撃目:ボス到達旗艦残り(潜水3戦艦3出撃、T字有利)
  • 11出撃目:ボス到達旗艦残り(大和大破、T字有利)
  • 12出撃目:1戦目撤退(潜水艦大破)
  • 13出撃目:ボス到達旗艦残り(艦戦忘れ、同航戦)
    やらかしました(ミスで艦戦積み忘れました)。こうなります気をつけましょう。ボーキ-380
    20160203_152631
  • 14出撃目:ボス到達旗艦残り(戦艦中破、T字有利)
  • 15出撃目:ボス到達旗艦撃破(同航戦)
 沼ってます。演習でキラ付け直して挑みます。やはりしっかりキラ付け維持した方がいいですね。
 並び順ですが戦艦を下げて潜水艦を上にした方がいいかもしれません。昼戦に影響ありませんが、夜戦では潜水艦のカットインが不発でも戦艦が連撃を決めれば倒せるので、複数隻残った場合に狙い所が悪く旗艦が残る可能性を少し抑えられると思います。基本的にボスでは空母以外の攻撃は潜水艦が吸うため、ラストの南方棲戦姫の攻撃以外で戦艦が動けなくなるということはありません。

 大和型の装備についてですが、攻撃を外すことが結構あるので中途半端に改修した46cm三連装砲よりも、★9(MAX)まで改修した41cm連装砲のほうがいいかもしれません。そちらでも反航戦キャップには届きます。(何故か勘違いして夜偵積んでたのも原因だった気がします)

 攻略終わりました。久しぶりに沼りましたが、潜水3戦艦2空母1の到達率は11/14だったので悪く無いです。
 やはりラストは決戦支援も出したほうがいいですね。支援を出していれば7,8出撃で終わってたはずですし、次回から潜水編成ではラストは出します。
 今回やたらボスでT字有利を引いていますが、この編成だと反抗戦でもキャップに到達するため、ボスでT字有利を引くのは非ダメが増えて辛いだけです。 まとめてみると、ボス反航戦の時は安定して旗艦撃破出来てますね2016/02/03

・3月

5出撃5到達5撃破(ストレート)
・軽空母1、正規空母2、戦艦3 支援なし 
詳細を表示
  • 1出撃目:ボス到達旗艦撃破
  • 2出撃目:ボス到達旗艦撃破
  • 3出撃目:ボス到達旗艦撃破
  • 4出撃目:ボス到達旗艦撃破
  • 5出撃目:ボス到達旗艦撃破
 今月の5-5は軽空母編成で出撃しました。これまでの最短記録である、5出撃5到達5撃破でストレートクリアでした。この編成も熟練度や五航戦改二甲実装により、かなりの安定感が出ていました。 支援なしでも昼戦撃破できるぐらいの安定感はあるため、十分に育っていればこの編成もまだまだ十分強いです。2016/03/26

・4月

9出撃6到達5撃破
・軽空母1、正規空母2、戦艦3 支援なし 
詳細を表示
  • 1出撃目:ボス到達旗艦撃破
  • 2出撃目:3戦目撤退
  • 3出撃目:ボス到達旗艦撃破
  • 4出撃目:ボス到達旗艦撃破
  • 5出撃目:ボス到達旗艦撃破
  • 6出撃目:3戦目撤退
  • 7出撃目:ボス到達旗艦撃破残り
  • 8出撃目:3戦目撤退
  • 9出撃目:ボス到達旗艦撃破
 今月の5-5も軽空母編成で出撃しました。先月はストレートでしたが今月は少し多くなりましたがそれでも1桁で終わってはいました。E風が吹かなければ問題は無さそうです。
 撤退の原因となるのはやはり3戦目レ級elteでした。 

・5月

16出撃6到達5撃破(E風3回) 軽空母1、正規空母2、戦艦3 支援なし
コメントは省略で。
今月は3回それたため、出撃回数が増えていました。 やはり逸れない編成の方が好みです。

・6月

5出撃5到達5撃破(ストレート)
・戦艦2空母4


(ミスで今月のレイアウトが崩れているので後ほど修正します) ました
詳細を表示
  • 1出撃目:ボス到達旗艦撃破
  • 2出撃目:ボス到達旗艦撃破
  • 3出撃目:ボス到達旗艦撃破
  • 4出撃目:ボス到達旗艦撃破
  • 5出撃目:ボス到達旗艦撃破
 今月の5-5は高速統一編成で出撃しました。今月は戦2空母4。
攻略編成_000
イタリア艦かBismarckは迷ったのですが、Bismarckを選択、またIowaが育ったので投入しました。
空母は装甲空母3、またグラーフはいいぞ(意訳)というコメントを頂いたので投入しました。
時間がなかったのでIowaの電探や艦載機の積み方はもう少し見直す必要はあるもののストレートクリアできた今月の5-5でした。
よくよく考えてみたら今月は30日までで更にメンテがあることをすっかり失念していたので、水戦はもう少し考えて来月とします。2016/06/30
水戦メモ
先月も考えてはいたのですが水戦について、考察というよりも備忘録です。
まとまっていないため、あくまで机上プランです。
現時点での考え2016/06/27
  • 現実的に水戦が活躍できそうなのはやはり制空を取るのが難しい潜水ルート
    (他のルートなら空母に艦戦積んだほうが効率がいいという考え)
メリット
  • 戦3であれば2戦目で制空が取れる。または空1戦2であれば艦攻を増やせる
  • 水爆と違って対潜攻撃をしないため潜水艦に攻撃を吸われることは避けられる。
デメリット
  • 水戦だけでは弾着観測できないので、水偵も必要でスロットに余裕が無い
    (主砲*2,水戦,水偵 or 甲標的水戦*2 or 水戦ガン積み 等)
  • そもそも水戦の入手が結構面倒なうえ、積める艦が限られている
    (これがネック。選択肢があまりない)
対潜攻撃をしないという部分が活かせそうな気もしなくはないので、この辺りに着目してもう少し考えようかと思います。

・7月

11出撃5到達5撃破
・戦艦2空母4
詳細を表示
 あまり時間が取れなかったため今月の5-5も高速統一編成で出撃しました。今月も戦2空母4。艦戦改修中のため、装備は省略します。
今月はあまり時間が取れず、時間に追われる形で滑り込みクリアでした…

水戦活用を考えていた所に、艦戦改修も追加され方向性が曖昧になってしまっていました。イベントで色々とありそうな気がするので一時中断しておきます。2016/07/31 


・8月

イベントで時間が取れなかったため未攻略。

・9月

未攻略

・10月

未攻略

・11月

これから